ウォーターサーバーのメーカーごとに決められたメンテナンス

ウォーターサーバーの水は風味を損なわないために、カルキなどの殺菌剤などによって消毒されていません。そのため、水道水より雑菌が繁殖しやすくなっているのです。またお水によってはミネラル成分が豊富で、そのミネラルを餌に雑菌が繁殖しやすくなっています。

また、ウォーターサーバーの内側も雑菌が繁殖しやすい環境になっています。ウォーターサーバー内部は、通常はお手入れができないようになっていますので、汚れなどがあれば不衛生な環境になりやすいという点も指摘されています。そのため、メーカーによって、定期的にウォーターサーバーの内部洗浄を行うために、工場でウォーターサーバー全体を分解してメンテナンスが行われたりしています。

ウォーターサーバーの内側はとても雑菌繁殖しやすい環境になっており、メーカーのウォーターサーバーメンテナンスの後は、次のメンテナンスまで内部の洗浄はできません。そのため、ウォーターサーバー内部に雑菌を入れないように衛生対策を行うことが重要になってきます。その方法が設置場所におけるこまめな清掃だと言われており、清掃方法などはメーカーのホームページやウォーターサーバーの取扱の説明書に具体的に記載されています。