ウォーターサーバーの雑菌を防ぐ環境

ウォーターサーバーの雑菌を防ぐ環境 ウォーターサーバーの水は風味を保つために、カルキなどの殺菌剤などによる消毒がなされていませんので、水道水より雑菌が繁殖しやすい環境になっています。またミネラル成分が豊富なお水などもあります。ミネラル成分は雑菌の餌なり、雑菌が繁殖しやすいという点も指摘されています。ウォーターサーバーの内側も雑菌が繁殖しやすい環境といえます。しかし、ウォーターサーバー内部はお手入れができないようになっていますので、汚れなどで不衛生な環境になりやすく、メーカーによって、定期的にウォーターサーバーの内部洗浄が行われています。

ウォーターサーバーの内側はとても雑菌繁殖しやすい環境といわれ、メーカーのウォーターサーバーメンテナンス後は、次のメンテナンスまで内部の洗浄はできません。そのため、せっかくきれいになったウォーターサーバー内部に雑菌を入れないようにすることが大切になります。設置場所におけるこまめな清掃によって、ウォーターサーバー内に雑菌が侵入するのを防ぐことができます。そのための清掃方法などはメーカーのホームページやウォーターサーバーの取扱の説明書に具体的に示されていますのでよく読んでおきましょう。ウォーターサーバーでは特に、水に直接触れる部分でもあり、手が触れやすくなっている部分は特に丁寧に掃除をするようにしましょう。

例えば、蛇口付近は手などに触れやすくなっています。ウォーターサーバーの部位の中で、一番汚れが付きやすかったり、最も細菌繁殖が起こりやすいと考えられています。また、この部分はウォーターサーバー内の水とつながっていますので、いつも清潔にしておく必要があります。毎日こまめに水気や汚れのふき取りを行い、アルコールで消毒を行うようにしましょう。受け皿も雑菌繁殖しやすい環境になっていますので、毎日の清掃が必要です。清掃せずに放置してしまうと、水滴や埃が溜まって、雑菌繁殖してぬめりがついてきたりします。蛇口の下にある受け皿は、やはり清潔にしておくべきところです。

ウォーターサーバーに雑菌を入れないためには不可欠な、設置場所におけるこまめな清掃では、ウォーターサーバーの背面の埃もきちんと清掃しておきましょう。その場合は安全上の理由で必ずコンセントからプラグを抜いておくようにしましょう。そして、電源コード周辺についても月に1回くらいのペースで掃除をしましょう。そして、ウォーターサーバー本体の全体的な拭き取りなども実施しましょう。

最新ニュース